大学マネジメント・業務スキル基準表

背景

近年、大学経営を取り巻く環境はますます厳しさを増し、社会のニーズに応えられる大学の運営が求められています。少子高齢化に伴う大学間競争の激化、教育・研究の高度化、グローバル化に伴う国際化への対応、大学生の就職率等々の課題に対処するために、大学経営における新しい役割を担う大学職員の育成が重要になっています。大学職員の育成・評価、個人の自己啓発の活性化、組織の活性化等を推進するための各種仕組みづくりと共に、その基本情報として大学運営業務に関する知識・スキルの体系化が必要となります。
 ACPAでは、東京大学、法政大学、早稲田大学の人事部門および各種事務部門、また人材育成の経験豊富な企業研修部門のご協力いただき「大学マネジメント・業務基準表検討ワーキング会議」を設置して大学職員業務の体系化作業を進めてまいりました。
 職員一人ひとりがもっている大学運営に必要なスキルの把握と育成、また個々人の能力や経験を大学運営に活かす人事政策の基本情報として、大学運営業務全体を網羅した大学マネージメント・業務スキル基準表を、各大学の組織力強化、人材育成のツールとして大学関係者にご活用いただきたいと考えております。

基準表の活用状況(2016年9月現在)

【ACPA基準表活用のためのデータ提供をした大学】
・岡山大学 ・加計学園 ・関東学院大学 ・畿央大学 ・九州工業大学
・九州保健福祉大学 ・京都造形芸術大学 ・共立女子大学 ・國學院大學
・東京電機大学 ・東洋大学 ・新潟薬科大学 ・福井大学 ・宮城大学(公立)
・武蔵野大学 ・山口大学 ・横浜市立大学 ・立命館大学 ・早稲田大学

【自学版基準表構築を支援した大学】
・共立女子大学 ・武蔵野大学 ・早稲田大学

活用目的 ・・・詳細はこちら

〜 業務スキル基準表(以下「スキル基準表」という)の活用で目指すこと 〜
「スキル基準表により、職員が担うべき業務機能の全体像を可視化し、必要なスキルや知識情報を整理することで、網羅的・体系的な業務一覧を把握でき、業務の分析や人材の適正配置等の組織力強化および個々人の育成に寄与すること」をねらいとしています。

活用手順 ・・・詳細はこちら

◆業務全体の見える化とあるべき姿の共有化
◆部門における業務役割の現状分析
◆部門における各個人の業務遂行能力(スキルレベル)の評価

スキル基準表構成資料の概要

資料ダウンロード ・・・利用許諾について(必ずご確認ください)